バナー

簡単に分かるわきが治療のポイント

脱毛は処理方法も重要ですが、脱毛前の準備と脱毛後のケアがとても大切です。
特に、自宅で脱毛処理を行う場合、気が向いた時に必要な部分だけ処理を行うことが多いため、何の準備もしないまま、いきなり処理を始めてしまう人が多いようです。


脱毛処理は毛根から毛を抜くのですから、肌が衛生的でない状態の場合は、バイ菌が入って毛穴が赤く腫れたり、埋没毛を引き起こす恐れもあります。

脱毛前にはシャワーで体の汚れを落とし、清潔な状態にすることで、肌トラブルのリスクを減らすことができます。

また、脱毛後は、肌が敏感になっているために、ヒリヒリとした痛みを感じることがあります。

処理後は乾燥しやすく、少しの刺激で炎症を起こす恐れもあるので、清潔な手でたっぷりと保湿効果のあるローションをぬることをお勧めします。

特徴のあるミラドライの情報ならこちらを参考にしてください。

また、脱毛処理はできるだけ間隔をあけることができれば肌へのダメージを減らすことができるので、無駄毛の処理再生を遅らせるために抑毛ローションを利用する人も多いようです。脱毛前の準備をしっかりと行い、脱毛後のケアに必要なものを用意できたら、実際に脱毛処理を行う方法を選びます。脱毛箇所によって選ぶべき方法は異なりますので、どこの部分を処理したいかで決めると良いのではないかと思います。
脱毛の間隔をあけるという点から考えると、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛が行える家庭用脱毛器の利用がお勧めです。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛を使用すると、毛根にダメージを与えることで無駄毛が生えにくくなります。


ただし、表面に出ている無駄毛しか処理できないため、休止期を経て表面に出てきた無駄毛があれば、繰り返し処理を行わなければなりません。家庭用脱毛器は高価であるため、購入をためらう場合も多いようですが、一度使用すればその効果に驚き、手放せなくなるようです。

これらはメラニンに反応する特殊な光を利用しているため、処理後の日焼けは厳禁ですので十分な注意が必要です。